ソプラノの練習について

ソプラノの練習法を学ぼう
クラッシックのソプラノ歌手がよく使う裏声にヘッドボイスという裏声の出し方があります。このヘッドボイスは、高音域を歌うための裏声の種類になります。
ヘッドボイスのように、裏声にはいくつも種類があり、オペラやクラッシックに限らず、歌手はボイストレーニングに裏声の出し方の練習をしていたりします。
また、音楽のジャンル毎にこの練習の仕方も若干ことなります。オペラのソプラノ歌手と現代のポップス歌手が同じソプラノ音域のボイストレーニングをしても、オペラではその音域を使うことがあってもポップスでは使われない音域だったりして、音楽の方向性によって、ボイストレーニングの方法もことなります。
ソプラノの人の低音発声について
ソプラノの方で、低音発声をする場合には、どのように発声することが必要であり、どう対応すればいいのでしょうか。
ソプラノの方の場合、低音を発生するのは苦手という意識を持っているという方も少なくありませんし、うまく低音発声ができない方も多いです。しかし、中にはソプラノの人であったとしても、意識しなくとも、高音部の裏声と、ほぼ同じ発声で歌うことが問題なくできる方もいるようです。
これは、ボイストレーニングの先生にもよりますし、その人の声の質などにもよります。
しかし、ソプラノの人で、低音の発声が得意でない、という方も、この発声は練習をすることで、きちんと出るようになるのです。
その練習方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、ソプラノの方が低音発声の練習の仕方としては、まずは高い音を出します。
そして、そのまま、半音ずつ、声を降りてくるという練習を繰り返し行います。
そうすることで、自然と低音部が出るようになりますし、低音部を発声がわからないという方も多いですが、この練習方法により、高音の裏声と同じ発声で歌う、という感じや声の雰囲気、出し方などが、自然とよくわかるようになるのです。まずは繰り返し練習を行ってみましょう。
ソプラノの声の出し方とは
ソプラノは合唱をする上で必要なのですが、高い声が苦手な人は出すのに苦労する音域だと思います。また、間違った声の出し方をしてしまえば、喉を痛めてしまう可能性があるので、正しい出し方を覚える必要があります。では、高音を出す方法を紹介したいと思います。
口の中には軟口蓋というものがあります。口の中の上部分の奥のやわらかいくぼみのところです。そこを上げて声をだすのがポイントです。つまり、口を開いて頭のてっぺんに響かせるように声を出すようにするのです。あくびをするように口をあけるのがコツです。また、口をあけたときは舌をあげないようにするように気をつけましょう。高音は生まれつきだと思っている人もいるかもしれませんが、必ずしもみんながそういうわけではありません。トレーニングしていくうちに出るようになった人もたくさんあるので、正しいソプラノの出し方をマスターしましょう。
このように、ソプラノは合唱では主なメロディーを歌うとても重要な音域です。ソプラノの声を出すのが苦手な人はトレーに具で出るようにする事が大切です。また、ソプラノが得意という人でも喉に負担をかけるような間違った発声法をしている場合もあるので、正しい出し方を覚える事が大切です。
ソプラノの声を上手に出すコツとは?
ソプラノの美しい女性の声に憧れを持っているという方は多いといわれています。しかし、ソプラノの声は誰にでも出せるというわけではありません。なぜなら、生まれつき人は声帯というものがあり、その人の声帯というものを変えることはできないからです。もともとの声質が低ければ、ソプラノの声を出すことは難しいですし、なんの努力もしなくとも、もともとの声質、また声帯に恵まれているという方も存在します。
しかし、ソプラノの声を上手に出すためには、コツがあります。それは、ボイストレーニングや発声法などを考えて声を出すことです。いくら生まれつき声がソプラノ向きであったとしても無理な発声をしていると、声を痛めてしまったり、のどを痛めてしまうことがあります。これではいけません。このため、まずはボイストレーニングや発声法などを勉強してから、発声をするように心がけましょう。無理に声を喉から出すのではなく、お腹から声を出すようにするということがコツなのです。ソプラノの歌を歌いたい、というのであれば、こういったテクニックを磨くことで、無理なく自然に歌うことができますし、喉を痛めずに声を出し、歌うことがたやすくできるようになるのです。